Future Internet Assembly

インターネットは今ではビジネスや社会のコミュニケーションの中心に位置するようになってきました。しかしインターネットが登場したのはわずか30年前のことで、その当時ではインターネットにより大きな問題が生じることは予想されていませんでした。これら問題とは、膨大なインターネット機器が占めるスペース、セキュリティ問題、サービスの質、移動性などです。

Future Internet Assemblyは関係者が将来の地球規模のインターネットを展望し、意見交換をするための場です。ここでは技術的、非技術的テーマを問わず、95を越えるプロジェクトが進行しています。

この組織が提唱するFederated、Open and Trusted (F-O-T) プラットフォームは消費者、企業、政府がFuture Internetを効率的に、しかもプライバシーを十分に保護した信頼性の高い方法で使用するシミュレーションを行い、ビジネスと社会の価値を高めます。F-O-Tプラットフォームのコンセプトは3つの相互に関連する研究・技術開発活動により実現されます。1つ目はF-O-Tプラットフォームの構築に必要な技術コンポーネント、方法、ツール開発の高度研究です。2つ目はF-O-Tプラットフォームの適切な試験と妥当性確認のための大規模実験施設です。そして3つ目が目的と用途に合わせたF-O-Tプラットフォームの構築です。

Assemblyはさまざまな技術領域のオープンな相互交流と領域を超えた資源活用を可能にします。共通の成果に基づくプロジェクトの価値の創造、共通性のある作業と要件に関する共同戦略研究、各分野の成果を総合的にとりまとめる工程表の作成を行います。